フコイダン(フコダイン)健康堂

フコイダン(fucoidan)とは

「フコイダン」配合量

◆業界トップクラスのフコイダン配合量

Fucoidan af Premium

フコイダンAFプレミアムの液体900mlには430000mgのフコイダンが配合されています。

ほかのフコイダン製品と比較するとに比べると、格段に多い配合量となっています。フコイダンAFプレミアムと他社製品で同じ液体量を飲んだとすると、フコイダンAFプレミアムの方がより多くフコイダンを体に取り込むことができます。
配合量で比べると価格の割安感もおわかりいただけます。

フコダインAFプレミアム液体900ml

日本国産原料の高品質沖縄モズク

◆成分豊富で安全性の高い沖縄県産

フコイダンの原料には成分が豊富で安全な、沖縄県産の「沖縄モズク」を使用しています。
昆布やモズクといった海藻類にふくまれるぬめり成分がフコイダンですが、中でもモズクには多くのフコイダンがふくまれています。
さらに、その中でも沖縄モズクにはダントツに多いフコイダンがふくまれています

褐藻類にふくまれるフコイダン量


高純度フコイダン

◆純度85%の高品質フコイダン

フコイダンAFプレミアムには、高品質の沖縄産オキナワモズクから抽出した純度85%のフコイダンを使用しています。
同じオキナワモズクを使っている製品は市場にたくさん出回ってますが、残念なことに純度の低いもの、または純度そのものを公表していない製品もありますので注意が必要です。純度は精製技術によっても変わることから同じ種類のモズクでも品質の良し悪しに差が出てきます。

日本国産 沖縄県産オキナワモズク


パワーが発揮できる高分子フコイダン

◆フコース・硫酸基・グルクロン酸が結合している

フコイダンと定義されているは、フコース・硫酸基・グルクロン酸がつながっている状態です。
天然モズクフコイダンがさまざまなパワーを発揮するには、原料の海藻からフコイダンを抽出する際に、このつながりをはずさないことが大切です。

フコースと硫酸基の結合割合を知ることで本来のパワーを果たすかどうかがわかるとされていて、その目安となるのがフコース、硫酸基、グルクロン酸の量です。
フコイダンAFプレミアムにはこれらの成分がしっかりふくまれています。

フコダインと定義されている構造


フコイダンと一口にいってもどれも同じではありません。残念ながらフコイダン=海藻と解釈している製品も見られるようです。構造式の図のように、フコイダンは「フコース」「硫酸基」「グルクロン酸」がつながった状態の構造をしています。この3つの成分がつながっていることがとても大切なことなのです。

もともと高分子のフコイダンを低分子化してしまうと、このつながった状態が外れてしまいフコイダンとしての性質をたもつことが難しくなります。そしてフコイダン本来のパワーが発揮できない状態になってしまう懸念があります。
また、フコイダンの性質上たとえ低分子化して小さくしても腸から吸収されるまでに再びくっついて(凝集されて)大きくなってしまい、小さくした意味がなくなることも考えられます。

低分子化すると効果的じゃない


だからフコイダンAFプレミアムは

パワーを発揮できる高分子フコダイン



→フコイダンAFプレミアム

高品質フコイダンAFプレミアム全国送料無料代引き手数料無料